食事と栄養について

いきなりですが、みなさんは平日にどんな食事を取られていますか? 特に昨日のような練習後の晩御飯や今日の食事は疲れた身体を養う大切なリカバリーのタイミングです。 練習後の補食については以前一度お話ししましたので、今回は補食ではなく食事についてお話しします。

食事における意識すべき栄養素は5大栄養素と呼ばれる「糖質」「タンパク質」「脂質」「ビタミン」「ミネラル」になります。 それぞれ異なる役割があり、どれが欠けてもいけません。 「糖質」は運動によって枯渇したエネルギー源を補ったり、筋肉を作る際のタンパク質の合成に働きます。 「タンパク質」は筋肉をはじめ、臓器や血液など人の身体を構成します。 「脂質」はエネルギー源になるだけでなく、脳を構成したり、ビタミンの吸収を助けます。 「ビタミン」はエネルギーを作るシステムを円滑に進めたり、神経伝達に関わります。 「ミネラル」は骨や血液を構成する以外にも筋肉の活動に必要不可欠な栄養です。 これらの栄養素をバランスよく摂ることが求められます。

実際には、タンパク質をとりながらビタミンB群を一緒に摂ることのできる豚肉やマグロの赤身なんかも、トンカツ屋でヒレ肉を頼んだり、海鮮丼はマグロ丼にするなど生活上の意識で増やすことができます。 朝食にバナナを足すだけでカリウムの摂取量を上げることもいいでしょう。 一人一人の生活によって、できることは都度変わります。足が攣りやすい、脱水になりやすい、そんな症状でも食生活や生活習慣から改善のきっかけは得られるので気になる方は是非トレーナーにご相談ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました